各種試験について

各種試験について

原料生薬試験
原料生薬における外観・性状(形状・色・におい・味など)をはじめ、残留農薬や重金属などの限度試験、成分・物性・純度などの物性・理化学試験を実施し、様々な角度から試験を実施しています。
尚、2015年8月原子吸光光度計を導入し、重金属・ヒ素試験を実施しております。
これらの試験は、買付前から数回に及ぶ試験を繰り返し、更に倉庫受入の際にも実施致します。日本薬局方の規格はもとより、当社規格のエキスに適したより広範囲かつ厳格なタカサゴ規格にて試験検査をし、安全・安心で良質の原料調達に努めています。
エキス試験
原料生薬の試験項目と同様に、有効成分であるエキスの外観・性状(色・におい・味など)をはじめ、農薬試験、成分・物性・純度(重金属・ヒ素)などの物性・理化学試験を実施することは当然ながら、微生物試験など原料生薬以上に試験項目を設けています。 エキスも原料生薬同様に日本薬局方に準拠することはもちろん、タカサゴ規格エキスとしての試験検査・管理体制にて、高品質なエキスをご提供できるよう努めています。
原料試験
原料生薬以外の添加物などについても、エキスへの影響を考慮した原料を選出するとともに、成分・物性・微生物などの試験を実施し、安全・品質を保証しています。
中間製品試験
製品化されるまでの途上製品、中間製品についても各種成分や物性・理化学試験を実施しています。 また、エキスから成形された製品については、異物の確認、成形状態、重さの偏り、分包状態の不良などの確認をしており、製造初段階だけではなく、製造途上における製品の安全性・品質を保証しうる体制で臨んでいます。
資材試験
製品化されるまでに使用される資材-ラベル・ケース・容器・フィルムについても、厳格な規格を定めて試験を実施しています。 資材のなかには、添付文書も含まれ、印字や適正な表記であるかなどをこと細かく精査した後に製品とともに添付しています。
製品試験
仕上がった製品に対しては、汚れ・へこみ・印字不良、表示事項、添付文書や内容物の重さの確認をふまえ、適格な製品であるかを緻密に検査しています。
出荷判定
市場へ出荷される前に、原料生薬、エキス、原料、中間製品、製品、資材などが良質かつ適正なものであるかの確認や製造の全工程を改めて見直し、問題なく製造されている事及び、安全性の情報をチェックします。 市場への出荷直前にあたる段階の為、タカサゴ規格として厳格かつ精度のあるチェックを実施し、安全・安心たる最終製品を保証する管理体制を整えています。
参考品試験
市場へ出荷された製品については、すべてのロットの参考品を保管しており、外観・成分などの試験を実施をしています。ただ出荷するのではなく、責任をもって安定性や品質の保証をすることでタカサゴ規格が保持されると考えています。 天産物である原料生薬から、より均質で高品質な製品をご提供できるよう上記体制を日々研鑽しています。
製品に関するお問い合わせ
月曜日~金曜日 10:00~17:00
(土・日・祝日・各窓口休業日を除く)

大杉製薬では、お問い合わせ窓口を設けております。
窓口までお電話くださいますようお願い申し上げます。