大杉製薬株式会社
 







  沿 革
 
1905年 森音吉が大阪府南河内郡千早赤阪村で、和漢生薬原料の製粉業を始める。 
1912年 日本粉末製薬合資会社として設立。 
1933年 大阪市阿倍野区天王寺町に工場を移転する。
同阿倍野区旭町にて生薬の卸業務を開始する。 
1937年 「野生薬草採取法」という書物を森信治が出す。 
1949年 生薬部門を高砂薬業株式会社とし、代表取締役に森信治が就任する。 
1952年 小売部門を大杉製薬株式会社とし、社長に森巖が就任する。 
1956年 新コーミンという精神薬を発売する。 
1957年 光明丸、新コーメイガンを発売する。 
1958年 「モリ」ちくのう湯、「モリ」ハイツウ湯、「モリ」シンニョウ湯などの煎薬を11品目新発売する。 
1960年 強力コーミンを新発売する。 
1965年 真空凍結乾燥装置を用いた日本初の漢方純乾燥エキスを開発し、「モリ」ちくのう錠、「モリ」ハイツウ錠、「モリ」シンニョウ錠などの糖衣錠を販売する。 
1970年 森巖が国際アメリカン学術協会(IAI)からアカデミー賞を授与される。 
1972年 大阪市阿倍野区天王寺町に本社ビルを建設する。
1Fに漢方専門薬局(オースギ漢方薬局)を併設する。 
1975年 一般用漢方エキス顆粒剤を発売する。 
1978年 医療用漢方エキス製剤が薬価基準に収載され、医療用に進出する。 
1981年 医療用漢方エキス剤が追加収載され、医療用漢方製剤の取り扱いが52品目となる。 
1982年 医専部を新たに設立し、医療用漢方製剤の販売に本格的に取り組み、札幌・仙台・名古屋などの各営業所を順次開設する。 
1999年 医療用漢方製剤の取り扱いが80品目となる。 
2002年 代表取締役社長に森清子が就任。
ジュンコウ製品医療用漢方エキス細粒32品目発売する。医療用漢方製剤の取り扱いが112品目となる。 
2005年 営業本部および大阪支店を大阪市住吉区から阿倍野区へ移転する。 
2013年 代表取締役社長に森清茂が就任。


 
HOME会社案内製品案内研究会案内グループ企業採用情報取扱店案内医療関係者向けサイト
Copyright(c) 2010 OHSUGI Pharmaceutical Co.,Ltd.All Rights Reserved.